あさん堂  

荘厳の仕方
はじめに
天台宗
浄土宗
真言宗
臨済宗妙心寺派
曹洞宗
日蓮宗
浄土真宗・本願寺派(西)
浄土真宗・大谷派(東)
時宗
顕本法華宗
こだわりの配置例
はじめに
天台宗
臨済宗
浄土宗
曹洞宗
真言宗
日蓮宗
宗派によって仏壇は異なるのか?

原則的には異なります。例えば浄土真宗本願寺派・真宗大谷派は金仏壇を原則としています。
お仏具も定められたものがありますので、この点につきましては当店にお問い合わせ下さい。
天台宗・浄土宗・真言宗・臨済宗・曹洞宗・日蓮宗・顕本法華宗・時宗は、特に定めはありませんが地方によっては八宗用の金仏壇を用いるところもあります。
型式も、上置・地袋・重ね型・家具調に対しても、特に定めはありません。
しかし、在家仏教といわれる仏教団体では、それぞれ定めがありますのでお問い合わせ下さい。
宗派によって異なる荘厳の仕方(仏具等の並べ方)

ご本尊・脇仏・宗祖・お位牌・荘厳具(仏具)のご安置の仕方や仏具の並べ方などは、各宗派によって定めがありますので、重ね型仏壇の図式によってご案内致します。

※本ご案内は、日本を代表する近代十宗の荘厳の仕方に限らせていただくと共に各宗門のご宗祖の歴をご案内致します。

各宗派における、必要最低限の荘厳の仕方

天台宗 上壇中央に阿弥陀仏像をご安置した配置の方法
浄土宗
上壇中央に阿弥陀如来の舟光背立像をご安置した配置の方法
真言宗
上壇中央に大日如来をご安置した配置の方法
臨済宗
妙心寺派

上壇中央に釈迦牟尼仏をご安置した配置の方法。
曹洞宗
上壇、ご本尊を中心に両脇に両大師をご安置した配置の方法
日蓮宗 上壇中央に大曼荼羅軸をご安置した配置の方法
浄土真宗
本願寺派(西)
上壇中央に阿弥陀如来像をご安置した配置の方法
浄土真宗
大谷派(東)
上壇中央に阿弥陀如来像をご安置した配置の方法
時宗 上壇中央に弥陀如来の立像をご安置した配置の方法
顕本法華宗 上壇中央に大曼荼羅のみをご安置した配置の方法


Copyright c 2003 osCommerce Powered by osCommerce