3つのオンリーワン

数珠の穴玉が違う。
数珠の房が違う。
数珠の糸が違う。

こだわり商品です
こだわり
馴染みの商品
 
 
 
 
 
  山田念珠堂では、数珠の原料入手から、加工、製作、商品化までのすべての工程を一貫した体制で行うという新しいシステムを構築しました。特に、高品質な原料を大量に、しかも安定的に確保することは、数珠づくりにおいて最も重要なファクターのひとつです。
   
このため私達は、産出地に近い香港に現地法人「韻姿(ヴィンチ)有限公司」を設立、原料のうち、おもに宝石類は台湾・高雄にて、菩提樹類は中国・海南島から一括して調達することが可能になりました。加工・生産システムにおいては、世界特許を持つコンピューター制御による自動組紐機を導入(従来の職人の一千人規模以上の生産が可能なシステム)。コストダウンを実現するとともに、高品質・高制度の製品を安定して供給できるようになりました。
   
そして、忘れてならない昔ながらの職人の育成にも余念がありません。伝統工芸を重んじ、熟練された職人(念珠師)の業の向上にも常に取り組んでおります。
 

  数珠の玉穴が違う。
 
 

 玉と玉が触れあう部分の面積が広くなるように、真円球を使用せず、数珠玉用の加工を施しています。
これによって、しっとりとした手になじむ感触を実現しています。また、通し穴についても、一般的な超音波を使用した穴空けの方法だと、穴の内部がザラザラのヤスリ状になるため、表面と同様の方法で滑らかな穴になるよう更に研磨をいたしております。加えて穴の大きさも、主玉・天玉・親玉すべてに同じ太さの糸が通るように工夫されています。

  数珠の房が違う。
 
  エコ商品マーク 極細の絹糸を特別な機械で、より上げる事に成功しました。しわになりにくく、優美な感触が特色です。抜け落ちと変形がなく、洗浄も出来ます。山田念珠堂では、「エコロジー宣言」を行い”地球にやさしく”をテーマに研究を進め、従来の強健以上の品質に匹敵する素材の開発に成功しました。さらに風合いのある彩色を多様した’東雲房’を発表、低価格を実現しました。
  房の比較
   
  数珠の糸が違う。
 
  通し糸は、長年の研究による、ウーリーナイロンを特別に加工し通し糸として使用。縦にも横にも強い、この素材の特色を最大限に活用し、加工しずらい点を克服。数珠の通し糸としては、最高の品になりました。糸ぎれの際の、玉の飛び散りを防止するため2本寄り合わせて通す弊社独自の方法により、糸が切れた場合でも玉の飛び散りを防ぎ、お手入れの際にも役立っております。
アフターサービス・品質重視に常に心がけている証です。



Copyright c 2003 osCommerce Powered by osCommerce